断乳後のおっぱいケアについて

もうすぐお仕事復帰ということで
断乳、卒乳を始めているママも多いのではないでしょうか?

 

おっぱいに絆創膏を貼って
「ママ痛いから、おっぱい飲めないんだよ」と伝えたり…

 

とにかく耐久戦!で、どんなに泣かれても
抱っこで乗り切ったり…と。

 

ママも赤ちゃんにも試練の“断乳・卒乳”

 

その後のおっぱいケアは大丈夫ですか?
ほとんどの方が、今まで赤ちゃんが飲んでいた母乳がおっぱいに溜まり張ってしまいます。

 

おっぱいがパンパンに張って岩のようになっていたり
触るだけでも痛かったり…となっていませんか?

 

搾乳をすると、母乳がまた作られてしまうので
搾乳はあまりしない方がいいとも言われていますが

胸が張ったまま放置しておくと乳腺炎になってしまいます。

 

おっぱいが張って痛い時は、搾乳ではなく“圧抜き”をしてくださいね!

 

圧抜きとは、張りが少しだけ和らぐ程度に軽く絞ります。
その後冷やしてあげると、胸の張りも収まりますよ。

 

お仕事を復帰された後は、
中々圧抜きもできなくなってしまいますが
痛い時は冷やしてあげるのが効果的です。

 

冷却シートや保冷剤を使ってあげるといいです!

 

おっぱいマッサージも効果的なので、
病院や助産師さんに相談してみることもおすすめしています!